GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋晃子、今季2勝目を飾る!

1998/09/27 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 福嶋晃子 -8 208
2 ハン・ヒーウォン -4 212
2 ク・オッキ -4 212
4 原田香里 -3 213
5 野呂奈津子 -2 214
5 肥後かおり -2 214
5 高村亜紀 -2 214
5 松尾恵 -2 214
5 尾亦史子 -2 214
10 石原端子 -1 215

スコア詳細を見る

肌寒い最終日、競り合いとなった具玉姫、福嶋晃子の二人だったが、具玉姫は後半スコアを落として後退。この日1アンダーに踏みとどまった福嶋晃子が結果的に大差をつけて勝利を飾った。

福嶋晃子は前半で貯金をひとつ増やしたものの10番、12番とボギー。しかし14番からの3連続バーディで息を吹き返した。「14番は考え過ぎないように打とうと思ったら入ってしまった。16番も7メートルくらい。狙っていくような距離じゃありません。上りだからしっかり打とう!と打ったら入ってしまった」
ラッキーだったという。「勝つときって、こんなものなのかな」と考えながら残りのホールをプレーしたという。

実はこのところ自信を失いかけていた。「今年は1勝でおわるのかな」とも内心思うようになっていた。今日もショットはあまり良くなく、ピンの位置も難しく感じた。「今日はガマンしていこう」と決めていたのだが、そこは福嶋らしい2枚腰。「10番、12番でボギーを叩いて、さすがにもうこれ以上は打てない」と開き直ったという。これじゃ勝てない、もうここからはパー、バーディしか考えないようにしようと気持ちを切り換えた。その結果がラッキーを呼び込む3連続バーディ。
ようやくの今季2勝目。「ホッとした気持ち」を土産に来週はツアーテストに向けて、また米国へ旅立つ。
賞金ランキングは福嶋が僅差の2位に浮上した。服部、福嶋、原田、具玉姫が400万円の差の中で競う激しい戦いになっている。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。