GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子雪印レディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

肥後かおり、1打差で踏みとどまる

順位 選手名 通算 合計
1 肥後かおり -4 140
2 高須愛子 -3 141
2 服部道子 -3 141
4 福嶋晃子 -2 142
4 曽秀鳳 -2 142
4 ハン・ヒーウォン -2 142
4 ク・オッキ -2 142
8 原田香里 -1 143
8 井上陽子 -1 143
8 久保樹乃 -1 143

スコア詳細を見る

初日の勢いはなくしたが、それでも73と踏みとどまった肥後かおりが首位。高須愛子、服部道子福嶋晃子と強豪が上がってきた。最終日は激戦模様だ。

肥後かおりがスタートした時間は猛烈な雨が降った。この雨に災いされて連続ボギー。「こんな雨じゃしょうがないかという感じ。まぁ予選落ちすることもないだろうしと」
ショットの調子は初日と変化なかったが、パットが入らなかった。これも「まぁ、仕方ないか」と肥後。夜、ふくらはぎがツって目がさめた。「足がツるなんて、中学以来です。悪い夢でもみたんですかね」

服部道子は3連続バーディをふくむ5バーディ、2ボキー。「プレー途中の雨や風の時間を何とかパーでしのげたのがよかったです」 8番~9番ですごいスコール、やんだら今度は11番~12番で風。この最悪の時間帯をパーで切り抜けた。
「今週は息ひとつつかないで、腹を引き締めて頑張るという気持ちです。いつも優勝した翌週は悪いので、いつものパターンにならないように気を引き締めています」
賞金女王の獲得は先週宣言したが、こんどは「平均ストローク1位」も目標にすると明言した。服部に気合が入っている。

福嶋晃子がようやく上がってきた。18番では池入れ。しかしグリーン手前からチップインしてパーでしのいだ。「池には入ったけどミスショットじゃありません。ミスなら後を引くんですが、そうじゃないから影響はないです」
思い切り集中してプレーできたという。「昨日も集中はしていたんだけど、今日ほどではなかった。少し足りなかった。明日もまた今日みたいに集中してプレーします」
最終日は、面白いぞ。

ドライビングコンテスト結果

恒例のLPGAドライビングコンテストが開催された。優勝は高又順。231.5ヤードを飛ばした。2位は石原端子の229.3ヤード。3位は大場美智恵、227.8ヤード。高又順は賞金50万円を獲得した。福嶋晃子は計測不能で失格。
参考記録だが、アマチュアの吉田希美代がなんと234.1ヤードを飛ばして実質1位。「自分でもびっくりしてます。だって入江さんとか福嶋さんとかすごい人がばかり出ていたので・・。何も考えずに思い切り振ったら飛んでってくれました」
吉田希美代は早大2年。163センチ、68キロ。日本ジュニア、世界ジュニアなど3勝。今回の大会のベストアマも決定している。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。