GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋大躍進。プレーオフは石原端子勝利!

順位 選手名 通算 合計
1 石原端子 0 213
2 福嶋晃子 0 213
2 シンソーラ 0 213
4 日吉久美子 +1 214
4 赤木由美子 +1 214
4 曽秀鳳 +1 214
7 原田香里 +2 215
7 村井真由美 +2 215
7 肥後かおり +2 215
10 不動裕理 +3 216

スコア詳細を見る

一時は沈没したかと思われた福嶋晃子が68と復活した。しかしシンソーラもイーブンパーにとどまり、石原端子(まさこ)が上昇。3人プレーオフは石原端子が2ホール目でバーディ。またも初優勝プロが生まれた。

「痛快です」と第一声の石原端子はプロ4年目、32歳。鹿児島の鹿屋体育大卒。教職資格も持っている。ラウンド中はスコアボードを見ないでプレーしていた。「曽秀鳳が6アンダーくらい行っていると思ってました」という。「勝因はトップが崩れたこと。私が崩れなかったことでしょね」と分析も明快。「このコースは1ホールごとが勝負です。とにかく1ホールずつ戦ってきたことが勝因だと思います」

大学を出て新聞記者になりたかった。履歴書を書くとき、何も履歴として書けるものがないのに気がついた。何をやろーかなーと考えているうちにゴルフを思いついた。ヒョウタンから駒。いつのまにかプロを目指すことになってしまった。
「サラブレッドじゃありません。雑草です。1週1週、ていねいにやっていくしかないですね」

プレーオフ2ホール目で負けたシンソーラは「残念です。最後のパターは入ったと思ったんだけど・・・。でも、こういう「残念」は仕方ないですね。相手が素晴らしいプレーをしたんだから、仕方ない」

福嶋晃子はプレーオフを待っている間にすっかり体が冷えてしまった。ストレッチで体を暖めはしたが、手が冷えていた。「プレーオフで握手したら、どうしたの?と言われてしまいました」
体が冷えているから、とプレーオフ最初のホールを大きめに打った。これが敗因。「待ちすぎました。でもこのところ時差ボケはだんだん良くなっています。体も動くようになってきました」
調子が悪くてもスウィングを変えたりせず、ずーっと見ていたのだという。来週は女子プロ選手権。標準が合っている。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。