GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子五洋建設レディースカップトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位が4人。6アンダーで大混戦!

1998/08/29 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 村井真由美 -6 138
1 永田富佐子 -6 138
1 吉田知恵 -6 138
1 橋本愛子 -6 138
5 城戸富貴 -5 139
6 木村敏美 -4 140
6 西田智慧子 -4 140
8 日吉久美子 -3 141
8 山田かよ -3 141
8 日蔭温子 -3 141

スコア詳細を見る

完全な団子レースになってしまった。初日首位の橋本愛子は17番のボギーで単独首位から転落、トータル6アンダー。下から追い上げてきたベテラン永田富佐子、村井真由美、前日3位から上がってきた吉田知恵に並ばれた。首位から2打以内に7人がひしめきあうという激戦になってしまった。

橋本愛子にとって悔やまれるのは17番ロングでのボギー。「残念です。第2打がグリーン手前のバンカーまできたのに、そこからボギーにした。後悔しています。今日はボギーを叩かないようにプレーしようと思っていたのに」
明日最終日もボギーを叩かないことを目指してプレーする予定だ。「いくらバーディをとりたいと思ってもパターが入らなければダメです。自分はパットが欠点ですから」

47歳の大ベテラン永田富佐子は6バーディ、2ボギー。「今日はパターが良かったですね。ずっと試合に出られなかったんで、練習していました。今回はスポンサー推薦してもらって感謝しています」
生まれ故郷の佐世保から応援団がかけつけてくれた。「海が見えるっていいですね。佐世保時代はいつも魚釣りに行ってました。実は昨日もその前も釣りに行ったんです。アジとかハゼとか小さい魚ですけど、もう入れ食いなんですよ」
明日は精一杯やるだけという。「バーディも入れ食いでいきたいですね」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。