GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子新キャタピラー三菱レディースの最新ゴルフニュースをお届け

山崎は2位に後退、城戸富貴 単独首位へ

1998/08/22 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 城戸富貴 -5 141
2 山崎千佳代 -4 142
3 小野香子 -2 144
4 高村亜紀 -1 145
5 不動裕理 0 146
5 大城あかね 0 146
5 井上陽子 0 146
8 本山裕子 +1 147
8 中野晶 +1 147
8 坂上晴美 +1 147

スコア詳細を見る

ぐっと涼しくなった2日目、上位の顔ぶれがおおきく変動した。初日首位の山崎千佳代はなんとか2位をキープしたが、その他はおおむね後退、かわって前日5位の城戸富貴が3アンダーをマークして単独首位の座に立った。

城戸富貴は先々週のミズノレディースを勝ったばかり。亡くなったお父さんの新盆で優勝を報告して「本当はおかしいんですけど」みんなで盛大にお祝いしたという。
「今日のショットはいいんだか悪いんだか、半分もパーオンしてないと思います」 しかしティショットがなんとかフェアウェイをキープしてくれているのでスコアが作れた。このコースはラフに入るとホールが極端に長く感じてしまうという。

一歩後退の山崎千佳代は3バーディ、3ボギー。「よくガマンしたなという感じです。ショットもいいのと悪いのとが差がありすぎて・・・」 13番ロングでは3打目をシャンクした後でチップインのバーディ。「ラッキー。あれでなんとか耐えられました」
まだ明日の優勝のことは考えないようにしている。「明日につなぐゴルフがテーマです。結果は流れにまかせます」

先週 一時は首位にも立った小野香子。結果は6位に終わってしまったが調子はまだ持続している。今日は3アンダー。「頑張らなきゃいけないんです、私は。コースはすごくタフです。長いです」 賞金ランキングは現在58位。確かに苦しい。
川波由利のショットを見ていたら、スウィングを思い出したのだという。以前にも川波に見てもらって調子を戻したことがある。「ぜひ、先週より上に行きたいですね」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。