GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

マクガイヤ首位。福嶋晃子は依然 1差の2位!

1998/08/01 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 M.マクガイヤ -6 138
2 福嶋晃子 -5 139
3 坂東貴代 -4 140
3 ク・オッキ -4 140
5 肥後かおり -3 141
5 服部道子 -3 141
5 鄭美琦 -3 141
8 我妻こずえ -2 142
8 石黒裕季子 -2 142
10 伊藤朝代 -1 143

スコア詳細を見る

首位が交代した。石黒にかわってこんどは堅実プレーが身上のM.マクガイヤ。起伏のあるコース、ラフの深いコースにはめっぽう強い選手だ。昨年の優勝者福嶋晃子は70とまずまずのプレーで依然 2位。明日が勝負になりそうだ。

M.マクガイヤは4バーディ、1ボギー。とくに前半は33と突っ走った。「暑くて後半になって疲れが出てしまった。明日は福嶋さんと回れるし、ギャラリーも多く見てくれるので楽しみです。パットの調子が明日も続いてくれるといいのですが」

福嶋晃子も決して悪くはないゴルフだった。「いいパットをしているのだけど、入らない。続けていればいつかは入るだろうと思いながらやっていた」という。コースとの相性はいい。去年もこの試合の優勝をきっかけにバタバタと勝ちだした。シーズン前半、エンジンがかかりそうでかからない試合が続いている福嶋、このへんで壁を破りたいところだ。

久しぶりという印象で坂東貴代が好位置。インに入って 3バーディと浮上してきた。「狙わずにグリーンに乗せて、パターも狙いにいったりしないのがよかった。スウィングも気楽に、安全な方、安全な方というプレーに徹しました」
去年もこの試合から調子を取り戻したのだという。「このコースは好きです。パッと見は難しそうですけど、自分にとってはそうじゃないんですよ」 期待しましょう。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。