GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ダンロップレディスオープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

黄玉珍が浮上、4アンダーの首位

1998/06/20 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 黄玉珍 -4 140
2 西田智慧子 -2 142
3 村口史子 -1 143
4 シンソーラ 0 144
4 金万寿 0 144
4 コウ・ウスン 0 144
4 不動裕理 0 144
8 武田久子 +1 145
8 服部道子 +1 145
8 金愛淑 +1 145

スコア詳細を見る

初日トップの不動裕理は74として後退、代わって前日3位、台湾の黄玉珍が首位に上がってきた。黄玉珍は8バーディ、4ボギーという波乱にみちたラウンド。「今日も一生懸命プレーしただけ」と言う。「明日は2アンダーで回りたい。そうしたら優勝だいじょうぶね。自信、あります」
日本語はまだ難しいと言う。「いつもテープ持ってトーナメントにも持ち歩いてる。勉強してるけど、頭がおかしくなる」

西田智慧子はバーディ4つ、ボギー3つ。「今日は運があった。林に入っても打てるところにあったり。まぁ、耐えることができたラウンドだったと思います」
「頑張りたいですね」と最後に言った。ショットがピンに絡まないといいスコアは出ない。優勝スコアは伸びないと見た。

村口史子はせっかく5バーディにしながら最後の18番でボギー。68。途中まではトップに立っていた。上がってくるなり「ダメだねー」とため息が出た。「最後のバーディパット、集中していなかった。ポンと打っちゃった」 6メートルを打って1メートルのオーバー。3パット。
こういう林間コースは好きだという。自身も林間コースで育った。「ポイントポイントで攻めていかなければならない。好きです。こういうコース、なかなかないですよ」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。