GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子東都自動車レディースプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

3人が5アンダーで混戦模様

順位 選手名 通算 合計
1 永田富佐子 -5 139
1 イ・ヨン・ミ -5 139
1 原田香里 -5 139
4 福本佳世 -4 140
5 コウ・ウスン -3 141
6 平形ひろみ -2 142
6 松尾恵 -2 142
6 村口史子 -2 142
6 上田友子 -2 142
6 村井真由美 -2 142

スコア詳細を見る

前日首位の福本佳世は71と踏みとどまって4アンダーの単独4位。しかし首位にはベテラン永田富佐子、原田香里、そして李英美の3人がそれぞれスコアを伸ばして並んだ。復調が期待されている福嶋晃子はアウトでスコアを崩して2アンダー、6位タイグループ。

今季すでに1勝の原田香里は6バーディ、3ホギー。アウトでスコアを3つ伸ばしたが、インは2ボギー、2バーディ。 「11番(ロング)のバーディ計算のホールをボギーにしてしまったので、なんとか取り返したいと思ってプレーした。ところが16番でまたボギー。17番18番は怒りのバーディです」
「明日は優勝しか狙いません。もちろんです」とはっきりしている。「全ホールをバーディにするくらいの気持ちでやります」 ただ本当はガマン較べの方が性格的にはむいているのだそうだ。

李英美は5バーディ、1ボギーの68。一気に上がってきた。「スコアを伸ばさないと勝てません。明日はいまイーブンパーの人でもわからないですよ」

大ベテラン永田富佐子は3ボギー。しかしバーディが9ホールと爆発した。「これだけバーディがくると嬉しいですね。アレっというパットも入ってくれました」という。実績のある選手だが後期ツアーの出場資格はない。「だから頑張らなくちゃね」

今日は足踏み状態の福嶋晃子もまだ首位とは3打差。可能性は充分ある。「明日は前半しだいです。アウトで一つでも伸ばしていければ、まだわかりません」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。