GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子健勝苑レディス・道後の最新ゴルフニュースをお届け

替わって首位は9アンダー、野呂奈津子

順位 選手名 通算 合計
1 野呂奈津子 -9 135
2 中嶋千尋 -7 137
3 大城あかね -5 139
4 高須愛子 -4 140
5 李五順 -3 141
5 塩谷育代 -3 141
7 金万寿 -2 142
7 新井敬子 -2 142
7 村口史子 -2 142
10 福嶋晃子 -1 143

スコア詳細を見る

まだ経験不足? 前日のダントツ首位白戸由香は78を叩いてしまって大きく後退。替わって実力タイプの野呂奈津子が67をマークして、2位に2打差をつけてのトップに。

野呂はボギーなしの5バーディ。「パターもショットもだいぶ良くなっています。アプローチで寄せて1パットというのが多いですけど。みんなパターで苦しんでいるみたいですが、私としてはフィーングもいいし、まずまず」と野呂。
「最終日、単独トップなんて、一昨年以来」という。そういえば、力はありながら何故か勝機に恵まれていない。勝っていないのに昨年は賞金ランク4位。「今年の目標はまず1勝」と言う。「もっと平均ストロークを良くしていきたい。いままでが悪かったですから」

古川千尋は1ボギー、4バーディ。「2回もダフったりして、あまり良くはないです。でも体が自由に動くようになったのがスコアが良かった原因と思います」
アドレスを変えたという。いままでボールに合わせるか、スウィングに合わせてボールをセットするか悩んでいた。いまはクラブヘッドをボールから30センチくらい離して構えるオリジナル・アドレス。「しっくりした形で自由に振れるようになった」

福嶋晃子はまだ調子が出ず1アンダー、10位タイ。去年もこの時期はまだ調整段階だった福島。本格的にエンジンのかかるのはもっと暖かくなってから?
また試合カンが取り戻せない橋本愛子はこの日も77として予選カット。長いブランクがあっただけに、これもまだ本来の自分のゴルフを取り戻すには時間がかかりそうだ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。