GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2日目は首位3人の大混戦

順位 選手名 通算 合計
1 大場美智恵 -7 137
1 平瀬真由美 -7 137
1 松澤知加子 -7 137
4 肥後かおり -6 138
5 ク・オッキ -4 140
5 中野晶 -4 140
7 久保樹乃 -3 141
7 安井純子 -3 141
7 高村亜紀 -3 141
7 坂上晴美 -3 141

スコア詳細を見る

首位スタートの松沢知加子もスコアを伸ばしたが、下からの追い上げがきつかった。大場美智恵、平瀬真由美、松沢知加子の3人が7アンダーで首位グループとなった。
イーブンパープレーの中野晶は結果的に後退。賞金レースに意欲を燃やす具玉姫も踏みとどまっている。村口史子は不本意プレーで23位タイへ沈んだ。注目の東尾理子は88位。しかし手応えはあった。「いろいろ体験できました。メンタル面の強化をもっとはからないといけないですね」

大場美智恵は5バーディ、1ボギー。「ショットは今日も悪かった。後半はとくにひどかった。ヒッカケ気味でまともに当たらないんです。よく耐えたと思ってます」
しかし何故か4アンダープレーができた。「18番をバーディで上がれたのは気分いいけど、この2日間、あまりゴルフのいいイメージがないんです。その悪いイメージ、なんとか無くしたいですね」

平瀬真由美は「納得できるショットでした」という。「パットが良くなってきて、それにつられてショットも良くなってきた。すべては結果です。結果を残せればすべては後からついてくると思います」
ゴルフは「考え」が80パーセント、「技術」が20パーセントと平瀬は思っている。練習ではその20パーセントのすべてが出しきれるのに、本戦ではその数パーセントしか使えない。「今年はこの試合が最後です。20パーセントをフルに出しきりたいです」

松沢知加子はちょっと消極的になってしまった。「守りに入ってしまった。でも同じ組の2人(中野、平瀬)がオーバー目に打っているのを見て、自分もこのままじゃいけないと気持ちを切りかえました。スコアがまとまったのはパターが入ってくれたからです」
2日続けてアンダーパーは本当に久しぶりなのだそうだ。「明日はキセキが起こってくれるといいな」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。