GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子雪印レディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

坂上晴美が67を維持トップへ

順位 選手名 通算 合計
1 坂上晴美 -10 134
2 不動裕理 -7 137
2 曽秀鳳 -7 137
4 イ・ヨン・ミ -6 138
4 森本多津子 -6 138
4 城戸富貴 -6 138
7 米山みどり -5 139
7 前田真希 -5 139
7 服部道子 -5 139
7 大場美智恵 -5 139

スコア詳細を見る

雪印レディス東海クラシック2日目。初日、2日目ともに67をマークした坂上晴美が首位に立った。前日首位でスタートの他選手が後退する中、坂上だけがペースを維持して首位に残ったかたちだ。2位には70と踏ん張った曽秀鳳、2アンダー15位スタートの不動裕理が並ぶ。

6バーディ、1ボギーと体調の割には波にのれている坂上晴美。地元での試合ということもあり応援がすごい。「父や祖母が来てくれて、はげみになってます」 2日間でバーディ12個、連続で67というの初めてという。
「『ガンガン行けよ!』と父親に言われたので、明日はもっと伸ばしていきますよ。緊張感は全然ないです。少しくらいスコアを落としても守りに入るなんてことはしません」 明日は優勝するつもりでいくしかないといった感じだ。

激しい追い上げをみせて来たのは不動裕理。5バーディ、ボギーなし。「バーディチャンスは結構ありましたが、入りませんでした」 今日は欲を出さずにプレーしたという。しかしショットは好調。先週はいけそうなところで「もしかしたら・・・」と思い、力が入り過ぎてボギーにしてしまうことがあった。「今週はもっと力を抜いてラクにプレーしていきます」

不動と同じ清元澄子プロに習っているアマチュアの大山志保。前日トップタイからのスタートだったが75を叩き2アンダー27位に後退している。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。