GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

中野は後退。首位は4アンダー城戸富貴

1999/09/10 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 城戸富貴 -4 140
2 中野晶 -2 142
3 川波由利 -1 143
3 鄭美琦 -1 143
5 村田理恵 0 144
6 中嶋千尋 +1 145
6 岡本綾子 +1 145
6 ハン・ヒーウォン +1 145
6 米山みどり +1 145
6 塩谷育代 +1 145

スコア詳細を見る

日本女子プロ2日目。上位が伸びきれない中、前日1アンダー5位スタートの城戸富貴が2位に2打差をつけトップに立った。前日トップでスタートした中野晶は1つスコアをおとして2アンダー2位。3位には川波由利・鄭美琦が並ぶ。

暑いのは得意ですね?と聞かれ「脂肪ありますから」と笑顔で応えたのは城戸富貴。6バーディ、3ボギーで3つ伸ばしトータル4アンダーとした。今日はピタッという感じはなかったという。「でも、行ったらいいなという方や、いいラインの方にのってくれて助かりました」 途中はバーディが来たら次にボギーと、その繰り返しが3回ほどあった。「そのせいか、あんまりバーディ取った感じがしませんでした」

まだ2日目。「3打差なんてあってないようなもの。当然上位にはいきたいけど・・・」いまいち貪欲になりきれない。「謙虚とかカッコイイことじゃなくて、一生懸命やるしかないでしょう。狙いたいって言わせたいの?明日、まだ上位に残れていたら考えます」

今日の結果は予想していたという中野晶は「昨日のような7バーディなんてないと思ってスタートしましたし」 反省材料はグリーンのこぼしとパッティング。「昨日に比べ5~6メートルのパッティングにズレがあったので。明日からはしっかりしたコースマネジメントとアプローチでプレーしたいです」

川波由利は3バーディ、2ボギーだった。アウトコースでは4番ホールを1ボギー、他はパー。バーディはすべてインコースで取った。「アウトの方がタフなんでしょうがないですね」とあっさり。明日はパープレーを目指し、それが取れれば十分という。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。