GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ヨネックスレディスオープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

野呂奈津子、65マークの大逆転

1999/08/29 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 野呂奈津子 -6 210
2 服部道子 -5 211
3 井上陽子 -3 213
4 村口史子 -2 214
5 金万寿 -1 215
5 宋采恩 -1 215
7 高須愛子 0 216
8 三橋里衣 +1 217
8 那須ミネコ +1 217
8 高村亜紀 +1 217

スコア詳細を見る

あっさり逃げきれるかと思われた井上陽子がもたつき、意外な展開になってしまった。井上が伸びないならと下から猛烈に追い上げたのが野呂奈津子。

アウトで3バーディ。インに入ってからも10番11番12番と3ホール続けて入れ、14番でも決めた。15番で初ボギーとした時点では優勝の行方が混沌としてきたが、最終18番で勝負を決める8コ目の貴重なバーディ。これも猛烈に追い上げてマッチレース展開になっていた最終組の服部道子は終盤スコアを伸ばすことができず。先にホールアウトしていた野呂が1打差の逃げきりとなった。
これで野呂は昨年の日本女子オープンに続いての3勝。中堅・ベテランが次々と勝利を決める今シーズンの「勝ち組」に名前を載せることができた。

「精一杯やりました。野呂さんが、それ以上のプレーをしたということです」という服部道子。またも惜しいチャンスを逸した形になる。

勝った野呂本人が「いやいや、すごいと言うか、出来過ぎですよね」と言う。スタート前は「とりあえずラウンドできれば十分」と思っていた。実はこの試合が今シーズン最後の試合。産休に入るのだ。ところが思いがけないバーディの山だ。「18番の3打時点で並んだことは知っていました。ここが入ったんで、ひょっとしたらトップかなとは思っていたんですが・・・」

優勝が決まってからお腹の赤ちゃんに「やったよ!」と話しかけたという。まだはっきりしないがツアー復帰は来年の6月を予定している。「来週から毎日毎日、主人と一緒というのが怖いです。なんかケンカしそうで・・」と笑った。慣れない生活が待っている。

関係ないような話だが、野呂と服部はプロテストの同期合格。同じスコアで首位合格したのだが、一人にしか与えられない「トップ合格」の権利は服部にさられわてしまった経緯がある。この肩書、あるとないとでは試合出場数など、かなり影響が大きかったのだ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。