GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中野晶、逃げきってツアー7勝目

順位 選手名 通算 合計
1 中野晶 -3 213
2 藤井かすみ -1 215
3 ク・オッキ 0 216
3 服部道子 0 216
5 入江由香 +1 217
5 前田真希 +1 217
5 橋本愛子 +1 217
8 不動裕理 +2 218
8 黄玉珍 +2 218
8 肥後かおり +2 218

スコア詳細を見る

暑かった。風が強かった。最終日もスコアが伸びなかった。最高スコアでも71。伸ばすというよりいかに崩れないか、まるで全米オープンか全英オープンのミニチュア版のような展開だ。

西塚美希世森口祐子も日吉久美子も2オーバーへ後退した。服部道子も具玉姫も伸びなかった。ガマン較べはイーブンパーのラウンドをした中野 晶の勝ち。昨年に続いて通算ツアー7勝目だ。

中野晶は4番でボギー先行。ちょっとイヤな雰囲気だった。7番でバーディとして元に戻し、471ヤードの10番ロングは7Wで乗せて2パットのバーディ。幸いなことに追いかけて来る選手がいなかったため、17番のボギーも致命傷にはならなかった。
「本当にしんどかった。優勝から来る緊張のためかショットが良くなかった。17番のボギーは本当に辛かったです。こんな苦しい状況で勝てたことは今後、とてもプラスになると思います」

藤井かすみにはチャンスだった。連続バーディでスタートしたもののボギーもボロボロと出て前半はイーブン。インに入ってまたバーディ先行とし2アンダーまで迫ったのだが肝心の17番でOB。こらえてボギーに止めたが、もう中野に追いつくことができなかった。
「楽しかったです。出入りの激しいゴルフだったのでムチャクチャ疲れました。絶対あきらめないで頑張ろうと思ってました」
本当は優勝したかった、という。去年は惜しい51位でシードを逃がしている。「でも次からまた頑張ります」

服部道子は「パターがビビッていた。近いものが遠く見えてしまった」と反省。「もう少しパターの転がりが良くないと、いざ競おうとしたとき弱いですね。当分はパッティングに励みます」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。