GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子東洋水産レディス北海道の最新ゴルフニュースをお届け

木村敏美、3年ぶりの優勝

順位 選手名 通算 合計
1 木村敏美 -6 210
2 黄玉珍 -5 211
3 米山みどり -4 212
3 森口祐子 -4 212
5 中野晶 -2 214
5 乃村三枝子 -2 214
7 黄璧洵 -1 215
7 安井純子 -1 215
7 村口史子 -1 215
7 コウ・ウスン -1 215

スコア詳細を見る

東洋水産最終日、木村敏美が3年ぶり、通算6勝目を挙げた。初日からトップをキープしていた黄玉珍は1オーバー73と崩れ2位。森口祐子米山みどりが4アンダーで3位とした。

5バーディ、2アンダーで3伸ばした木村敏美が久しぶりの優勝。3年前の東鳩レディス以来である。「10・11番をボギーにした時はこれでまた70を切れない。帳尻があっちゃったな」と思ったという。しかし終わってみれば今年初、60台のスコアも出せた。前日3アンダー2位からスタートした木村は朝から冷静だった。「優勝しようとは思っていなかった。ボギーを打たない。狙えるところは入れていくという気持ちでプレーしてました。」 今まで雨天の中での優勝が多く「カッパを着てない優勝シーンは本当に気持ちがいいですね」と。

木村は今年31才になる。3年前の優勝争いは20代「考えも若かった。今はピンを狙うゴルフではなく、チャンスが来るのを待つゴルフをするようになった」今回の優勝はチャンスを逃さず捕まえることができた結果だろう。総合的に良い状態にあるという「はっきり言って、ホッとしています。最近名前を忘れられていましたからね」

3位の米山みどりは1オーバー15位から、今日は67をマークし5つ伸ばして結果3位。前日2位スタートの石黒裕季子は39・38で77と大きく崩しトータル2オーバー19位とした。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。