GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

肥後かおり、シンソーラがトップタイ

順位 選手名 通算 合計
1 シンソーラ -10 134
1 肥後かおり -10 134
3 入江由香 -8 136
3 城戸富貴 -8 136
3 ハン・ヒーウォン -8 136
6 金万寿 -6 138
7 ク・オッキ -5 139
8 野呂奈津子 -4 140
8 塩谷育代 -4 140
8 武田久子 -4 140

スコア詳細を見る

第2ラウンドは、前日2位スタートのシンソーラが首位に浮上し肥後かおりと並んだ。トータル10アンダーとし、後続の入江由香・城戸富美・韓熙圓に2打差をつけた。

6バーディ、3ボギーの肥後かおりは、アウトからのスタート。出だしは2番ホールから2連続バーディを取ったものの、その後5番で連続ボギー。しかし後半12番ホールでは「自分の読み通り」打ち、バーディを沈め波に乗った。最終ホールもバーディで締めくくり69とした。「おいしい上がりでしたね」

肥後にとってほとんどのロングホールは届く距離。今日はロングホールすべてでバーディを取った。「ロングはプレーしていて楽しいです」「チョット調子に乗ったら悪いところもでたので、最終ラウンドは気をつけないと」
明日は入江由香と同じ組で回る。「由香と一緒だから振りすぎないように注意します」

肥後のひとつ前の組でプレーしたシンソーラは34・33で67をマークした。ボギーは後半出だしの1つだけで、6つのバーディを取った。その中で15番からの3連続バーディの最後は、15メートルの長いパット。これを見事に決め、この時点で単独トップ。しかし肥後にすぐ追いつかれた。「明日は集中していく。キリストがチャンスをくれたから感謝の気持ちでプレーします」

1月にアメリカでカート同士の間に挟まれるという事故にあったシンソーラ。普通なら骨が折れてもおかしくない事故だった。そのため約3ヵ月の間、練習が出来なかった。まだ痛みは残るが「このコースは大好きなので、どうしても出たくて頑張りました」

昨年の優勝ブレザーを着たM.マクガイヤは、5オーバーであえなく予選落ちした。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。