GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

米山後退。那須美根子が首位に

1999/05/29 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 那須ミネコ -3 141
2 藤野オリエ -2 142
2 米山みどり -2 142
4 安井純子 -1 143
4 村井真由美 -1 143
4 島袋美幸 -1 143
4 金愛淑 -1 143
8 木村敏美 0 144
9 片野志保 +1 145
9 村口史子 +1 145

スコア詳細を見る

初優勝を狙うルーキー米山みどりはスコアを伸ばせず一歩後退。前日2位の那須美根子が単独首位に上がった。那須はプロ4年目の27歳。昨年の賞金ランキングは82位。ステップアップツアーで2勝はしているが、本ツアーでのこの位置に立つのはもちろん初めてだ。

2日目の那須は3バーディ、1ダブルボギー。「昨日だったらボギーになるようなところでパーパットが入ってくれているのが、スコアのまとまった原因。パットを外すと腹を立ててしまうことが多かったんですが、今日はイライラを抑えてプレーすることができました」
那須はガーデンゴルフ倶楽部の所属。今日はその「会社の上司」が応援にきてくれた。「これは頑張らなくちゃと、次の12番からは強めにパットを入れにいったんです」 強気に攻めた12番13番でバーディ。

米山みどりは午前中を2バーディ、3ボギーと上下動して、インはスコアカード通り。「風のない日にショットが安定しないなんて、ダメですよ。バーディチャンスには何回もつけたのにファーストパットがぜんぜん決まらない。もったいない」
このままでは、今までと同じパターンで流され、崩れてしまいそうな予感がするという。「もっと前向きに。1打差なんですから自分を奮い立たせないといけませんね」

3週連続優勝のかかった村口史子は9位タイ。しかし首位とは4打差しかないだけに、まだ十分にチャンスあり。明日、追い込めるかな。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。