GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子カトキチクイーンズゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

上位総入れ換え。首位は高村亜紀

1999/05/01 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 高村亜紀 -4 140
2 黄ゲッキン -2 142
2 桑島明美 -2 142
4 岡本綾子 -1 143
4 村口史子 -1 143
6 ク・オッキ 0 144
6 大場美智恵 0 144
6 島袋美幸 0 144
6 松尾恵 0 144
6 柴田綾子 0 144

スコア詳細を見る

見事なくらいに順位が入れ代わった。2日目の首位に立ったのは高村亜紀。久しぶりに岡本綾子も順位を上げてきた。

圧倒的な強さと脆さを併せ持っている印象の高村亜紀だが、今日はノーボギーのラウンドだった。「今シーズンのベストスコアです。ショットは良くなってきてるし、パットも今日の前半なんかは良過ぎたくらいです」
シーズンオフには走りこみをした。体力的にはまだまだと言うが、それでも去年に較べたら良くなっている。「ショットが良くなってるのは下半身の強化のせい。自分の思ったとおりに打ててる。この調子なら5アンダーもでると思います」

「明日も平常心。1打1打を大切に」という桑島明美はプロ3年目の28歳。坂上晴美、不動裕理などの同期だが、実績はまだ皆無に近い。「でも焦りはありません。とにかく自分のゴルフをやるだけ!」

シャフトをスチールに戻した岡本綾子が、快調なゴルフをしている。「スチール、感じいいですよ。今日のスコアはファーストパットをスムーズに打てたことが原因かな。違うパターで練習していて、スタート15分前に感じが戻ってきた。このフィーリングを大切にしていければ・・」
優勝というにはまだちょっと早いという。「用心深く1ショット1ショット打ってます。コンスタントに上位を狙えるように、シーズンを通してやっていく気持ち」 控えめなコメントだったが、でも最後にちょろりと「スキあれば、頑張るゾ」と言った。こんなアヤコの言葉を聞くのも本当に久しぶりだ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。