GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子新キャタピラー三菱レディースの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフ制して安井純子 今季2勝

2000/08/20 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 安井純子 -4 215
2 那須ミネコ -4 215
3 不動裕理 -3 216
3 ク・オッキ -3 216
5 井上陽子 -2 217
5 小野香子 -2 217
5 原田香里 -2 217
8 ト阿玉 -1 218
8 袋井理代 -1 218
10 橋本愛子 0 219

スコア詳細を見る

首位でスタートのと安井純子がボギー先行で伸び悩み、4アンダーまで後退。「女子オープン2位の惨めさを晴らしたい」と5アンダーまで伸ばした那須美根子は、しかし17番ボギーで沈没。二人のプレーオフはベテラン安井の掌中に帰した。安井純子は7月の東洋水産に続く今季2勝目。

「最終日はビシッとしよう!」と安井純子は考えていたという。「リズムが思った通りにならない。弾道も低くなったり、高くなったり。後半になってからは自分のリズムだけ考えてプレーしてたんですけど」

アウトは1バーディ、3ボギー。インに入ってからはボギーも止まったが、バーディも出なくなった。結局は1打上をいっていた那須美根子が一人芝居を演じて17番で転落するのを待ち構える形になった。「プレーオフになってからは、自分が勝つもんだと思ってました。気持ちだけは決して負けないように。プレーオフは半分以上は“気持ち”です。ファイト燃やして頑張れ、と先生(島田幸作)にも言われてました」

「気持ちは30代」という。闘志はふんだんにある。「現在14勝。2000年にもう一度勝って、区切りのいい15勝にしたいですね」

那須美根子はバーディ4つ。ボギーも4つ。一人で登って一人で降りてしまった。「今回ばかりはフツフツと燃える気持ちで狙っていたんですけど。けっこう真面目にやったんです。でもピンをデッドに狙う悪いクセが出てしまった。マネジメントというかキャリアの差を感じました・・・。情けないです。勝つには何かが足りない。あと一つ・・・それは練習かも知れないですね」
この那須という選手、修行時代の葛城では肥後かおりに鍛えられた「妹弟子」でもあり、最近では肥後に追いつけ追い越せの勢いを示している成長株。日本女子オープンでまたも姉弟子に破れ、そして今週は安井に破れ、いっそうたくましく育っていきそうだ。ソフトボールで鍛えた、ちょっとユニークな性格のプロ5年目、28歳。注目!


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。