GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子東洋水産レディス北海道の最新ゴルフニュースをお届け

まるでウッズ! 安井純子がブッちぎり

順位 選手名 通算 合計
1 安井純子 -14 130
2 藤井かすみ -4 140
2 日吉久美子 -4 140
2 那須ミネコ -4 140
5 塩谷育代 -3 141
6 乃村三枝子 -2 142
6 島袋美幸 -2 142
6 菊地あつ子 -2 142
6 イ・ヨン・ミ -2 142
10 橋本愛子 -1 143

スコア詳細を見る

2日目はなんとまぁ・・という展開になった。首位66で首位の安井純子が、2日目は更に上を行く64! これでは追いかけられる選手はいない。66+64=130は36ホールの最小ストロークタイ記録になる。

安井純子は1番でピン下につけてバーディ。2番3番4番とおとなしくしていたが、5番では「風の読み違え」でボギー。ここまでは普通の展開だった。しかし続く6番(314ヤード)のセカンドをダイレクトに放りこみ、7番8番9番10番と続けざまにバーディ。10番は6メートル弱が入った。そして16番18番もダメ押しバーディ。結局7バーディ、1イーグル、1ボギー。

「6番のイーグルで楽になったというか、自分の思うようなゴルフができるようになった」という。10~15ヤードは曲げて戻す独特の球筋。「スコアより球筋です。でも女子オープンではこれができなかった。課題を宝塚の練習場に持って帰って練習しました」
2位になんと10打差。まるでタイガー・ウッズのようなゴルフになってしまった。「2日間、こんなに冷静にプレーしたのは初めてです。明日も冷静に行けるかどうか・・」

「安井さんのスーパープレーは見ていて気持ち良かったです。明日もどんどん伸ばして欲しい」と言うのは普段から仲のいい塩谷育代。5位に後退した。 10位に落ちた山岸陽子は「もう安井さんのギャラリーという感じでした。明日はもう緊張しないだろうし、自分のゴルフをやりたいです。いい経験になりました」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。