GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

そしてアンダーがいなくなった・・

順位 選手名 通算 合計
1 肥後かおり +2 218
2 那須ミネコ +3 219
3 シンソーラ +4 220
3 芳賀ゆきよ +4 220
5 鬼澤信子 +7 223
5 米山みどり +7 223
5 藤井かすみ +7 223
8 金愛淑 +8 224
8 安井純子 +8 224
8 島袋美幸 +8 224

スコア詳細を見る

雨の3日目。予想とおりスコアは伸び悩み、アンダーパーでプレーした選手はわずか2人。前日まで1アンダーだった肥後かおりもトータル2オーバーまでスコアを落としてしまった。しかし、それでも首位はしっかりキープ。
岡本綾子も大きく後退した。一気に名前と顔を売った土屋陽子も80を叩いて12位グループへ沈んだ。ここまで大健闘の古閑美保は井上景湖と並ばれてしまった。明日はローアマ争いが激しくなる。

肥後かおりもよく叩いた。出だしこそ2連続バーディは幸先よかったが、以後は13番まで5ボキー。15番で一つ取り戻して16番をボギー。結局3日目は75だ。
「最高のスタートだったのに今日はティショットが曲がった。曲がると水をふくんでるから難しいです。男子くらいの力がないと飛んでいかない。ダボにだけはならないようにとプレーしました」

2位の那須美根子は肥後の葛城GCでの後輩になる。「今、キャディやってる子と一緒だったんです。でも私より、向こう(那須)の方がイヤでしょうね」
「パターからショートアイアン、ドライバーまで、やりたいことがいっぱいある。とにかく今は早く練習場へ行きたいです」とベテラン肥後は言う。「1ストローク差なんて無いも同然。今日で5ラウンド目で疲れてはいますが、明日も集中したいです」

その後輩・那須美根子は全員が苦しんだ3日目を5バーディ、4ボギーとアンダーでラウンドした。「バーディ数は昨日より多いので上出来は上出来ですね。ガマンもできました」
なぜか那須が上位にくると先輩の肥後と回ることが多い。たとえば去年の明治乳業(肥後が優勝)、今年のニチレイでは最終組の一つ前で一緒になった。まだ肥後に勝ったことはない。「なんとかいい成績出したいですね。ニチレイの頃は肥後さんと飛距離も同じくらいだったんですが、今週は飛んでないです。甘いもの食べすぎて10キロ太ってしまって・・・」
ま、お好きなように。

3位タイの芳賀ゆきよはパープレーがひたすら続き、ボギー2つだけというラウンドだった。「バーディチャンスが取れなかった。3ホールはチャンスがあったんですが。伸ばせなかったのはパッティング。打ててないです。明日はみんな同じでしょうが、やはりガマン。今日もガマンは出来たんですが、バーディ取れなかったのが悔しい」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。