GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフ制して肥後かおり勝利

順位 選手名 通算 合計
1 肥後かおり -6 210
2 三橋里衣 -6 210
3 藤野オリエ -5 211
4 高村亜紀 -3 213
5 安井純子 -2 214
6 ハン・ヒーウォン -1 215
6 兵頭はる美 -1 215
8 ク・オッキ 0 216
9 菊地あつ子 +1 217
9 金萬壽 +1 217

スコア詳細を見る

下から高村亜紀藤野オリエが猛烈に追い込んだ。しかも肥後、三橋、具の最終組は揃ってスコアが伸び悩み、下手すると大逆転劇の可能性すらありそうだった。しかし肥後かおりは14番、15番と落としながら踏みとどまっての6アンダー。三橋里衣は13番でひとつ伸ばしての6アンダー。この膠着状態からどちらも抜け出すことができず、そのままプレーオフへ突入。こうなると経験の差、やはり勝つ味を知っている肥後が圧倒的に有利だった。
これで肥後かおりはツアー11勝目。先週のヴァーナルカップRKB3位の悔しさをはらした形だ。

「苦しいラウンドでした。よく勝ったな、という感じです」と逃げきった肥後かおり。「プレーオフのセカンドは本戦と2ヤードくらいしか変わらない場所でした。123ヤードくらいだったんですけど、前はグリーン奥に飛んじゃったので、115ヤードぐらいの気持ちで打ったら自分の計算とクラブとがピッタリ来ました。」
このプレーオフ1ホール目をバーディ。決着がついた。体が辛くて足が上がらなくなっていて、何ホールものプレーオフはシンドイな・・と内心思っていたところだった。
「でもゴルフの内容としては三橋さんの方が良いゴルフでしたね。私はプレーオフだけ。今回はショットが悪くて、本当はもっと良いショットして優勝したかったです」

破れた三橋里衣。「惜しかったですね。面白かったです。悔しいですけど」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。