GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ヴァーナルカップRKBレディースの最新ゴルフニュースをお届け

東尾後退。肥後、不動が首位に浮上した。

順位 選手名 通算 合計
1 肥後かおり -2 142
1 不動裕理 -2 142
3 高村亜紀 -1 143
4 ト阿玉 0 144
4 コウ・ウスン 0 144
4 岡本綾子 0 144
7 橋本愛子 +1 145
7 元載淑 +1 145
9 白戸由香 +2 146
9 平尾名芳子 +2 146

スコア詳細を見る

初日いい感じのゴルフだった東尾理子は2日目、5ストローク後退して12位タイグループへ。なかなか思うようなゴルフをやらせてはもらえない。また藤井かすみも大きく沈んで、現状維持の不動裕理、2打伸ばした肥後かおりが2アンダーの首位タイとなった。

このところ劇的復活(?)の雰囲気が漂い始めているかつてのスーパーヒロイン・ト阿玉は2回にわたっての3連続バーディで一気にイーブンに戻した。本当に自分のゴルフを思い出し始めているのかも知れない。

肥後かおりはスタートホールをいきなり3パットボギーにしてしまった。しかし動じない。「このコースはスコアが伸びない。距離的なものもあるし、下が柔らかいのでランが出ない。しかもグリーンのアンジュレーションがきつい。難しいところに乗ると2パットも厳しいんです」
4番で1メートルに乗せてバーディ。これで気合が入りすぎて5番をボギーにしたが6番でまた5メートルを決めてバーディ。15番17番でも決め、トータル2アンダー。「今日の後半は1回もグリーンを外していないです。ストロークが良くなってるのが好調の理由ですかね」

安定プレーに定評の不動裕理は4バーディ、2ボギー。これだけなら上々だったが14番では3オン3パットのダブルボギーを叩いてしまった。17番のボギーも3パット。「グリーンが難しい。でも14番、17番はそんなに距離もなかったし、グリーンというより私のミスですね。今日はショートパットをひっかけてたので、このスコアで回れてよかった・・という感じです」
入れようという気持ちが強すぎたのかもしれない、と少し反省した。「明日はトップで最終組ですけど、今回はあまりトップという実感がないんですよね。コースが難しいんで、1打1打のことしか考えられない」

注目、東尾理子はバーディがたった一つ。連続ボギーが3回もあった。「ショットがイマイチ。ミスが多かった分、アプローチが寄せ切れず、入らず。ボギー、ボギーと続くのが悔しくて挽回しようとして・・・。今日も勉強になりました。また練習に行って来ます」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。