GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、今季国内ツアー初戦で優勝 通算12勝目「また米国でがんばる」

2015年 ANAオープンゴルフトーナメント 最終日 石川遼
今季国内ツアー初出場で初優勝の石川遼!ツアー通算12勝目を挙げた【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 石川遼 -16 272
2 宮里優作 -14 274
3 李京勲 -13 275
4 宮本勝昌 -12 276
5 松村道央 -11 277
6 手嶋多一 -10 278
6 池田勇太 -10 278
6 谷口徹 -10 278
6 小田孔明 -10 278
6 片岡大育 -10 278

スコア詳細を見る

◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 最終日◇札幌ゴルフ倶楽部(北海道)◇7063yd(パー72)

首位タイから出た今季国内ツアー初出場の石川遼が5バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算16アンダーとして優勝した。前半は5番から3バーディ、2ボギーと出入りが激しかったが、後半の13番、14番で連続バーディを奪い、後続に2打差をつけて振り切った。

大会初日に24歳の誕生日を迎えた石川は、同じ北海道で開催された昨年7月の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」以来となる1年2カ月ぶりの勝利で、通算12勝目を飾った。

石川はインタビューで「久しぶりの日本ツアーでどんなプレーができるか不安だったが、いいプレーができて良かった。この1勝で自分のゴルフを大きくして、またアメリカでがんばりたい」と語った。

通算14アンダーの2位に最終日を「67」でプレーした宮里優作が続いた。通算13アンダーのイ・キョンフン(韓国)を挟み、前年覇者の宮本勝昌が通算12アンダーで4位に入った。

石川と並ぶ首位から出た小田孔明は2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「75」とスコアを落とし、谷口徹池田勇太らと並んで6位で終えた。

<主な最終成績>
優勝/-16/石川遼
2/-14/宮里優作
3/-13/李京勲
4/-12/宮本勝昌
5/-11/松村道央
6T/-10/小田孔明片岡大育谷口徹池田勇太手嶋多一

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?