GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は最終18番で競り負け ハン・ジュンゴンがV 賞金王にキム・キョンテ

2015年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント 最終日 ハン・ジュンゴン
ハン・ジュンゴンが最終18番で劇的なイーグルを奪い、石川遼を振り切って通算3勝目を挙げた【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 黄重坤 -15 273
2 石川遼 -14 274
3 片山晋呉 -11 277
4 永野竜太郎 -10 278
4 藤本佳則 -10 278
6 谷原秀人 -9 279
6 B.ジョーンズ -9 279
8 崔虎星 -8 280
9 手嶋多一 -7 281
9 呉阿順 -7 281

スコア詳細を見る

◇国内男子◇カシオワールドオープン 最終日◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

1打差を追う2位からスタートしたハン・ジュンゴン(韓国)が1イーグル、5バーディ、1ボギーの「66」をマークし、通算15アンダーとし逆転で今季初優勝を飾った。石川遼と首位で並んで迎えた18番パー5でイーグルを奪い、勝負を決めた。2012年の今大会以来、3年ぶりのツアー通算3勝目となった。

最終ホールでは1Wのティショットをフェアウェイに運び、残り273ydを3Wで放った2打目はピン右手前3.5mにつくスーパーショット。会心のイーグルで鮮やかな逆転優勝を呼び込み、笑顔でガッツポーズを作った。

1打を争う緊迫した大詰めの場面で2発の完璧なショットをつなげたハンに、最終組で争った石川遼も舌を巻く。「プレッシャーがかかっていた場面で、いつもと変わらないドライバーとフェアウェイウッドが打てる。ショットに、積み重ねてきた“太いもの”を感じた」。

2015年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント 最終日 ハン・ジュンゴン
イーグルで3シーズンぶりの優勝を決め、ガッツポーズを作ったハン・ジュンゴン【拡大写真】

ハンの言葉にも自信がみなぎる。「自分のショットとパットだけに集中していければ、優勝もできるし賞金王にもなれると思う」。今週の優勝により、次週のツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」出場権も獲得。「最後まで良い成績を残したい」と、トレードマークとなった黒縁眼鏡の奥にある目を光らせた。

首位から出た石川は7バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「68」でプレー。通算14アンダーの2位で終え、今季2勝目は逃した。前半スコアを伸ばし後続との差を3打に広げた。12番でティショットを大きく左に曲げてOBとし、ダブルボギー。14番でもボギーを叩き逆転を許した。17番のバーディで首位に並び、18番でもバーディを奪ったが、優勝には1打届かなかった。

通算11アンダーの3位で、前年覇者の片山晋呉が続いた。通算10アンダーの4位には藤本佳則永野竜太郎が並んだ。

逆転賞金王には今大会の優勝が必須だった賞金ランク2位の宮里優作と同3位の池田勇太はそれぞれ27位、12位に終わった。このため、31位で大会を終えたランク1位のキム・キョンテ(韓国)が、2010年シーズン以来2度目の賞金王に決まった。

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?