GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

日下部光隆、大きな勝利を飾る!

1997/11/30 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 日下部光隆 -10 278
2 深堀圭一郎 -9 279
2 尾崎直道 -9 279
2 宮瀬博文 -9 279
5 尾崎将司 -8 280
5 川岸良兼 -8 280
5 丸山茂樹 -8 280
5 M.A.ヒメネス -8 280
5 B.ワッツ -8 280
5 B.ジョーブ -8 280

スコア詳細を見る

このままジャンボの優勝で決まり!という試合展開。しかし終盤、まさかの3連続ボギー。優勝争いはにわかに混沌としてきたが、18番の2オンでここから抜け出したのが日下部光隆。先週まではシードも危なかった男が、一気に大きな勝利を飾った。

ずっと日下部はボードを見ていなかったという。おまけにスコアをひとつ勘違いしていた。「まさかジャンボさんがボギーホギーと打つとは思っていなかった。一つリードされてるとばかり思っていた。グリーンに上がる前にボードを見て、やっとわかった」
スコアボードをしっかり見て、ようやく納得した。「これで宮瀬が2パットで、オレも2パットなら勝てるのかと・・・」

ギャラリーの応援がすごかった。鹿児島のコースに来たのは23歳。「独り者なんだし、日本ならどこでもいいやと」やってきた。それ以来6年。結婚もし、子供もでき、家も建てた。 「ギャラリーに勝たせてもらったようなものです。クサカベ!と声がきこえました。いままで最終組でラウンドしたことはありますが、自分が主役になったのが嬉しかった」

ジャンボや中島常幸に憧れてプロになった世代なのだという。「この人と優勝争いをして優勝したいというのが夢でした」という。その夢が、実現した。
「これで2年間、予選会に出なくてもいいと思うと嬉しく嬉しくて。初優勝のときより嬉しいです。今度勝つときは、きちんとスコアボートを気にしながら勝ちたいですね」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?