GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

またもウェストウッド! 尾崎直道2位へ後退

順位 選手名 通算 合計
1 L.ウェストウッド -15 201
2 尾崎直道 -12 204
3 陳志忠 -11 205
3 尾崎将司 -11 205
3 D.クラーク -11 205
3 M.オメーラ -11 205
7 水巻善典 -10 206
7 手嶋多一 -10 206
7 J.M.オラサバル -10 206
10 J.スルーマン -9 207

スコア詳細を見る

昨年の優勝者、リー・ウェストウッドがこの日なんとボギーなしの7バーディ。一気に走り出した。コースに自信を持っている。「昨年は3打を追い込んでプレーオフの勝利だったが、今年は反対に3打のリード。ボルボマスターズでも3打差あったのを守りきって勝った。やはりリードしている方がいいよ。このコースは自分にとって勝てるコースだと思う」とウェストウッド。
先々週はボルボマスターズで優勝。先週はサラゼンワールドで2位。上がり調子。欧州ツアー賞金ランキング3位の男が勝つ気になってプレーをしている。

尾崎直道はパットが入らない。ジリジリしながらの4バーディ、69。 「OKバーディが3コ。3メートルが1つだけ。パッティングは悔しいね」と直道。首位との3打差は「ギリギリのストローク差」だという。ウェストウッドに関しては「若いし、伸びてきて自信をつけてるからな・・」とちょっと分が悪い。
兄ジャンボもいまいち伸ばせない。 「今日はパットだけだよ。悲しいよね、ずっと外し続けた。3メートル以内のパットが8発。8発外しちゃうとスコアにならない」とジャンボ。

3位グループにはM.オメーラD.クラークと強豪がぞろぞろ。クラークは2番でトリプルを叩きながらの69だった。多くの選手が半袖で震えていた天気も「母国のアイルランドに比べれば暖かい。気にならないね」とか。明日、万一ウェストウッドがもたつくと、大混戦になる。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?