GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

奥田靖己、首位へ躍りでる!

1997/10/04 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 奥田靖己 -1 212
2 F.ミノザ +1 214
3 尾崎健夫 +2 215
3 溝口英二 +2 215
5 尾崎将司 +3 216
5 C.パリー +3 216
7 鈴木亨 +4 217
7 桑原将一 +4 217
7 桑原克典 +4 217
10 伊藤正己 +5 218

スコア詳細を見る

いったいどうしたんでしょうね。あの憎々しいほど強いジャンボ尾崎はどこへ行ってしまったのか。ボギーが5つ、ダボ1つ、バーディは2つだけ。38-39といいところなしのラウンドで一気に5位へ転落。
「ショートパットが入らなかった。ここにきて疲れが出ているが、ゴルフの調子そのものは悪くない。まだ今日が3日目で良かった」とまだまだ捨ててはいない。確かに外から見ても疲れている様子だが「明日、取り返すチャンスは十分ある。コースに負けるとかいうのではなく、自分に負けないゴルフをすればいいんだ」

かわって首位に上がったのは奥田靖己。渋い印象の選手だけどツアー5勝。93年には日本オープンも制していて、いわばディフェンディングチャンピオンのようなもの。多彩なテクニックもあるし、いざというときの猛烈なマクリもある。別名「ジャンボ・キラー」 95年のカシオワールド以来の優勝を狙っている。

尾崎健夫も疲れた。前半はバーディ連取でのりかかったのだが6番ショートでボギー。 「ここでボギーを打ってからシビれてきた」という尾崎は7番9番をボギー。10番ではダボ。結局36-39の75。散々なラウンドだった。 「ドライバーもアイアンもダメ。ちょっと不安だが、いい展開にもっていって、黙々と18ホールをプレーしたいね。ムキになってもしょうがないから」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?