GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子サントリーオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之、4打差をつけてトップ快走

1997/09/13 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 藤田寛之 -14 202
2 日下部光隆 -10 206
3 尾崎将司 -9 207
4 室田淳 -8 208
4 水巻善典 -8 208
6 S.ジン -7 209
6 D.イシイ -7 209
8 河村雅之 -6 210
8 杉原輝雄 -6 210
10 V.シン -5 211

スコア詳細を見る

風がけっこう吹いた。ジャンボ尾崎は前半3バーディ。しかしインに入って伸びない。13番ショートでボギーとした他はスコアカード通り。
「何も言うことはないよ」と開口一番。「セミラフがドロップしそうに感じる。ドロップを計算しても、かからないこともあるんで、計算がしずらい。グリーン上でどうにかしなければいけないんだが・・・」と少し弱気。「明日は最終組だけど、見学に回るよ」とまで言った。もちろん、本気にしてはいけない。追い込みのジャンボは若手プロにとって恐怖の大王なのだから。まだまだ怖い。

藤田寛之が健闘している。アウト、インとも3バーディ。あいかわらずボギーなし。「3ラウンドもボギーなしなんて初めてです。別人がゴルフをやってるみたいで気持ちが悪い。でも、そろそボギーが出るような気がします」と藤田。 「こんなリードしての最終組は初めてです。一晩寝るといろいろ考えてしまいそうで、できるならこのまま36ホールやってほしいですよ」
明日はジャンボと一緒の最終組。「ギャラリーが多いでしょうね」と言う。このところギャラリーから声がよくかかるようになった。「嬉しかったです」

杉原輝雄はやはり無理だったみたい。続かなかった。「1番でバーディが取れない。2番では前の組でジャンボがバーディとってるのに、こっちは3パットのボギー。そこからリズムが狂ってしまった」とボヤイた。「それにしても藤田クンはうまいよ」と一言。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?