GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

グローイングから出場の佐藤信人、4差トップ

順位 選手名 通算 合計
1 佐藤信人 -16 197
2 金子柱憲 -12 201
2 小達敏昭 -12 201
4 尾崎直道 -11 202
5 E.エレラ -9 204
5 伊澤利光 -9 204
7 西川哲 -8 205
7 尾崎将司 -8 205
9 手嶋多一 -7 206
10 桑原将一 -6 207

スコア詳細を見る

前日、手島多一とならんで2位グループだった佐藤信人が、アウト3バーディ、1ボギーの34、インではボギーなしの5バーディ30と一気に単独首位へ躍り出た。「内容的にはこの3日間でいちばん悪かったんですけど。ショットはどこに飛ぶかわからない。ミスショットと思ったのがピンに付いたり、12、13メートルが入ったり....パターと運だけです」

佐藤は昨年のグローインク2勝で資格を得てのツアー出場。「昨年はアジアンツアーに出て、それがグローイングにつながって、それがまた今年につながっているんだと思います」 米ネバダ州立大卒。27歳。 「オフにタイでタイガー・ウッズが練習しているのを見ました。あまり見ないようにしました。自信なくすから」
最終日も「なるべく人の目を見ないように、周囲も見ないようにします。自分に集中しないと...」という佐藤。今日は緊張のあまりか歯をかみしめ過ぎて、奥歯が痛む。

小達敏昭もいいゴルフをした。7バーディ、1ボギー。「ジャンボさんと2日間まわってショットが良くなった。ジャンボさんは手元とヘッドが同じスピードで動いていくんです。それを意識してやってみたら」大成功。「フェースに乗るし、ミートできるし、距離も出るし...。18番(383ヤード)もスプーン、サンドウェッジですから、飛んでます」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?