GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子三菱ギャラントーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中村通、井戸木鴻樹、林根基の三つ巴、大混戦

順位 選手名 通算 合計
1 中村通 -8 208
1 井戸木鴻樹 -8 208
1 リン・コンキ -8 208
4 尾崎健夫 -7 209
4 P.シニア -7 209
4 D.スメイル -7 209
4 東聡 -7 209
8 谷口徹 -6 210
8 尾崎将司 -6 210
8 横尾要 -6 210

スコア詳細を見る

懐かしい顔がやってきた。中村通。大昔は「関西の三羽ガラス」なんていわれた人気実力選手だったけれど、この人だけがまだ健在で頑張っている。ま、杉原輝雄さんは別格としての話だけど。あれ?山本善隆も三羽ガラスだったかな。
「明日? 混戦やからね。68は出さんと難しいじゃないかな」 終身シードまであと5勝。「そんなもん、1勝もどうなるかわからんのに」と一蹴。しかし「グループの中で誰か勝つといい感じになりますからね。明日勝って、もっといい雰囲気になりたいですね」 関西のプロは仲間意識というか、結束が固いのだ。

井戸木鴻樹も関西勢。「途中でボードを見たら中村さんの名前があったんで..明日、一緒に回りたいなと思って」16番17番とバーディを入れ、トップタイに並んだ。「中村さんとは関西プロに勝ったとき回っただけです。明日は2回目です」

これもなつかしい尾崎健夫。「こんな1打差で上位が見える位置というのは久しぶり。なんとか頑張りたいね」と尾崎。優勝は10アンダーと読んだ。ジェット健夫の課題は腰痛。「腰を強化するために水泳やってるんだ。2年前からやってるけど、楽になるね」地元では習志野のミズスマシと呼ばれているんだそうだ。ほんとかね。 そうそう、兄貴のジャンボもジワジワ上がってきている。最終日、ガラリと化けたりして。可能性十分。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?