GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

B.ワッツが伸びた。ジャンボも上がってきたぞ!

1998/12/05 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 B.ワッツ -4 206
1 宮本勝昌 -4 206
3 尾崎将司 -3 207
4 片山晋呉 -2 208
4 日下部光隆 -2 208
6 細川和彦 -1 209
7 丸山茂樹 0 210
7 水巻善典 0 210
9 尾崎直道 +1 211
9 谷口徹 +1 211

スコア詳細を見る

初日から天候に恵まれていない日本シリーズだが、この日は雨。気温は6.8度とかじかむような厳しさ。もちろん好スコアなど出るはずもない。昨日まで絶好調に見えた宮本勝昌はいいところがなく75。ショットがつかめないと泣いていた佐藤信人も「運」が逃げて77と大後退。ガマン較べの様相を呈した3日目だったが、下からB.ワッツがジワリと上がってきた。ジャンボも同じく1アンダーとして、こちらは3位へ浮上。
最終日の行方はまったく混沌としてきた。誰が飛び出してきても不思議はない状況だ。

宮本勝昌はバーディが1ホールだけ。ボギー先行のゴルフが続き17番18番で一気にスコアを3つ落とした。「今日は疲れました。パッティングはこの2日間に較べれば入っていないというだけで、ショット自体はそんなに悪くなかったんですが・・」
「自分のゴルフをする」と前日言ったものの、実行できなかった。「守ったわけじゃないんです。でも17番18番はいただけなかった。消極的になって、結果的にらしくないゴルフをしてしまった。ビビッてしまった」
「ワッツ選手はいいプレーをしましたね。最初はワッツの集中力を盗むぞなんて思っていたのに、だんだんワッツのプレーに見入ってしまって・・・6打差なんて、本当に簡単に追いつくんですよね」
こうなったらいつもの宮本らしくガンガン行くしかない。また魔法のパターが入ってくれるように、お祈りをするのだという。「明日はジャンボさんとワッツ選手。ランキングの1位2位ですもんね。この2人に勝てるようなゴルフができれば、アメリカでもシード取れますよね」

集中力のB.ワッツは出だしがバーディ。7番でも入れ、13番でボギー。あとはすべてパーというステディなゴルフだった。「信じられない。手も耳も頭も、ぜんぶ凍ってしまった。タフ・コンディション! ゴルフをするのが不可能な状況だった。1アンダーは非常に幸運なスコアだと思う。ハッピー!」
「明日の目標は優勝ではなく、ワッツのベストなゴルフをすること。フェアウェイをキープし、グリーンに乗せ、パターを決めることです」と言った。
同時に「最小スコアを出すこと」も目標だそうだ。「明日、宮本サンやジャンボさんが62を出すかもしれない。それなら自分も最低でも62でプレーする。とにかく一番少ないスコアを回ることが鍵です」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?