GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

強い! ウェストウッド大会3連覇!

順位 選手名 通算 合計
1 L.ウェストウッド -13 275
2 尾崎将司 -11 277
3 E.エレラ -10 278
4 F.ミノザ -9 279
5 藤田寛之 -8 280
5 尾崎健夫 -8 280
7 R.グーセン -7 281
7 飯合肇 -7 281
9 桧垣繁正 -6 282
9 川岸良兼 -6 282

スコア詳細を見る

俗な表現だが、やっぱり本場モンは違う・・としか言いようがない。出だしは遅れたが2日目に4位に上がり、3日目は2位。そして最終日は69と追い込んであっけなく大会3連覇。ウェストウッドは強かった。日本の代表選手ジャンボ尾崎も健闘したが、67が限度。ついに追いつくことはできなかった。

先にホールアウトしたジャンボ尾崎は最終ホールをイーグル逃しのバーディで11アンダー。ウェストウッドは14番でボギーを叩き、あるいはという勝負のアヤもあったのだが、やっぱり最終ロングはきちんと2オン2パット。危ないところを見せずに勝利をつかんだ。
「ハッピーです。だいたいディフェンディングチャンピオンとして勝つのはとても難しいことだが、この試合では3連覇ができた。とても嬉しいです」とウェストウッド。「途中に速報ボードはあったが日本語なので読めなかった。17番で英語のボードがあり、ここでジャンボの追い上げを知りました。彼は最終日に追い込んでくる選手なので、気にはしていたんですが・・」

しかしジャンボ本人は「逆転のチャンスはなかった」と分析した。「10番11番12番とバーディが取れなかった。ずっとショットは良かったんだけどね。13番も入ったと思ったんだけど・・・。15番も入れたかった」
結局ボギーなし、惜しいパットを外しながらの5バーディ。他はともかくもし15番で入っていたらその勢いで優勝も可能だったかも、という。「あと1ストローク。あとたった一つのバーディが来なかったのがダメだね。18番なんて誰でもバーディ取ってくるんだから」
調子はいい。「今週はよく練習できた。来週あたりは賞金も大きいし、ある程度感じが出てくれば優勝できると思うよ」

来週、ダンロップフェニックスにはウェストウッドも出場する。関係ないことだが、このウェストウッド、来年1月には結婚だそうだ。相手は同僚プロ、アンドリュー・コルタートの妹さん。25歳と24歳のカップルが誕生する。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?