GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中島は後退。尾崎健夫が8アンダー首位!

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎健夫 -8 136
2 丸山茂樹 -6 138
2 B.ジョーブ -6 138
2 片山晋呉 -6 138
2 佐藤信人 -6 138
6 S.コンラン -5 139
6 横山明仁 -5 139
6 手嶋多一 -5 139
9 福沢義光 -4 140
9 中村直俊 -4 140

スコア詳細を見る

初日の中島常幸はやっぱり一過性のものだったのだろうか。2日目はうってかわった35-41の76。23位グループに転落した。かわって首位にあがったのは尾崎健夫。そして過去2回の勝利を誇る丸山茂樹も追い込んできた。

「視界良好。よく見える」という尾崎健夫は4バーディ、1ボギー。「短い距離は逆目に乗ると、芝目がよくわからない。自分の思ったのと違う方向へ行ってしまう。だからしっかり打たないといけないんだけど、その割りにはよく入ってくれた」

ついでに「これからもパターはよく入ってもらいたいね。特に明日からはどうしてもそれくらいのパターが残ると思うから。しっかりアドレスして、しっかり打たないといけない」
同年代のトミー(中島)の初日の疾走はいい刺激になったという。「今度は逆にオレが刺激を与えたいな」 また「坦々とトップを望めるほど余裕はないけど、でも坦々とプレーできるといいな」とも言う。

丸山茂樹が久しぶりに好位置だ。6バーディ、1ボギー。「エンジンがかかってきたというか・・ただボギーが少なかったというだけじゃないかな。よくわからないけどバーディが来たという感じ」
パットはいいのか悪いのか自分でもわからないという。「今週こそ、なんとか自分の思っているパットができればいいな、と。いままでパットのイライラがショットにも影響して集中力がなくなっていた。なんと気持ちが晴れるようなプレーをしたいんだけど、まだそんなに自信を持って打ててるわけじゃない・・」

佐藤信人は「パターはすごくいい感じ」。また片山晋呉も「パッティング絶好調!」と明るい。このコースはコーライグリーンの攻略がカギになっているようだ。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?