GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子日経カップゴルフトーナメント中村寅吉メモリアルの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ転落。日下部光隆が大逆転!

1998/10/18 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 日下部光隆 -8 280
2 尾崎将司 -7 281
3 B.ワッツ -6 282
4 今野康晴 -5 283
5 B.ジョーブ -4 284
5 謝錦昇 -4 284
7 A.ギリガン -3 285
7 リン・コンキ -3 285
7 T.ハミルトン -3 285
10 奥田靖己 -2 286

スコア詳細を見る

早朝からサスペンデットを消化、長い休憩をはさんでスタートしたジャンボ尾崎はインに入って崩れ、まさかの2オーバープレー。69をマークした日下部光隆に4打のアドバンテージをひっくり返されてしまった。日下部は95年のペプシ宇部、97年のカシオワールドに続くツアー3勝目。それにしても、あのジャンボがこうも脆く破れ去るとは・・・。

日下部光隆はなんとか2位狙いのつもりでプレーをしていた。しかし17番を終わった時点でジャンボと並んでいることを知った。「並んでる!とギャラリーが言うんで、まさかと思った。2位に並んでいるのかなと思った」
だが18番のセカンドをミス。アプローチで2メートルにつけた。フックなのかスライスなのかもよくわからなかった。もちろん、これを外せば99パーセント優勝がなくなることは知っていた。「とにかく真っ直ぐ打とうと思った」そのパットがスルリと沈んだ。

同スコアで後から追うジャンボの18番。ティショットはフェアウェイのど真ん中。それなのに「え、ジャンボさんがどうして? なんで?」と日下部も首をかしげるようなグリーン大オーバー。まさかのボギーでジャンボが沈没した。
「まさか今週勝てるなんて思ってもいなかった。プレーオフになったら絶対かなわない。負ける自信がありました」
勝てるとは夢にも思っていなかったから、家にも何も連絡していない。「鹿児島ではテレビ中継していないんです。電話したらびっくりするだろうな」

2位でスタートした今野康晴は75を叩いた。「先週よりも今週の方が落ち着いてプレーできました。来週のブリヂストンも3週連続で最終日最終組でラウンドできればいいですね。自分にとってはすごいことなんで、頑張ります」
先週は最終日に76。今週は75。確かに来週こそは3度目の正直が実現してもいい。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?