GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

深堀圭一郎、逆転のV

順位 選手名 通算 合計
1 深堀圭一郎 -9 279
2 L.ジャンセン -7 281
2 宮本勝昌 -7 281
4 尾崎将司 -6 282
5 米山剛 -5 283
5 高見和宏 -5 283
7 陳志忠 -4 284
7 飯合肇 -4 284
7 丸山茂樹 -4 284
10 細川和彦 -3 285

スコア詳細を見る

快晴の最終日。前半でスコアを3つ沈めてトップに立った深堀圭一郎がそのまま逃げきり。ツアー2勝目を飾った。
「初優勝は春先のトーナメント(ジャストシステムKSB)だった。今度は秋のトーナメントで、上位の人達がいる中でやれて本当に嬉しい」という深堀。最後は少し目がうるみかけたが「でもグリーンに上がったら涙は出なかったですね」

1勝はフロックもある。しかし2勝は本物ともいう。「2回目の優勝はすごく難しいというけど、それが出来た。嬉しい。もう勝てないんじゃないかと思ってました。ノーボキーでプレーできた。自分の勝ち方がわかった。自信がつきました」
実際にはシビれていたのだと言う。集中しようなどど無理には考えず、自分なりのゴルフをやろうと考えた。「やはり全英オープンにいったことが大きいです。1打1打に対する思い入れを学んだと思います」

逆転されてしまった宮本勝昌。「昨日言ったとおり2ケタでプレーしていたら勝てましたね。でも悪いなりにベストプレーでした」
追撃したジャンセンは10月のブリヂストンに参加する予定だ。「今週も勝てるチャンスはあったんだけどね。先週は7位。今週は2位。今度のブリヂストンは優勝かな?」

丸山茂樹は冴えないプレーだったが今回は深堀の優勝を心から祝福。「パットに自信を持ってないと勝てないよね。圭ちゃん(深堀)はすごい自信を持っていた。パッティングってのはすごく重要で、次のホールへ向かうときの門みたいなもんなんです。パット以外なんてみんな紙一重なんだから。ボクがなんで平均パット数で1位なんだか、わからないよ」
今日は東京で祝賀会がある。「去年は仲間で8回くらいやったかな。これから秋のビッグな試合があるから、仲間といい祝賀会を開きたいね」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?