GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2日目は宮本勝昌が飛び出した

1998/09/18 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 宮本勝昌 -6 138
2 S.アップルビー -5 139
3 飯合肇 -4 140
3 L.ジャンセン -4 140
5 井田安則 -3 141
5 尾崎直道 -3 141
5 C.フランコ -3 141
8 川岸良兼 -2 142
8 藤本あきら -2 142
8 深堀圭一郎 -2 142

スコア詳細を見る

雨で肌寒い2日目。ジャンボ尾崎がいつもの強さではないようだ。ふつうなら今日もスコアをグイッと伸ばして他を圧する手順なのだが、逆にスコアを落として後退。かわって今季売り出し中の宮本勝昌が5アンダーをマークして首位にたった。

宮本勝昌は6バーディ、1ボギー。「今日はティショットを2番アイアンで打った。今日みたいな雨の日はドライバーだと距離カンがつかみにくいし、先が重くなってかえって飛ばないから」
とはいえ、ひそかにドライバーディスタンス賞を狙っているのだとか。「明日はみなさんに魅せるゴルフをします」と高らかに宣言した。

アップルビーは約束通りの「69」は出せなかったが、それでも4バーディ、2ボギーの70。「昨日よりティショットは良かったが、雨と寒さでスコアが伸びなかった。しかし全体としては、昨日同様、まぁまぁのゴルフができたと思うよ」

飯合肇は1番でボギー。あとは5バーディ。「そろそろ1つ勝たないと話にならない。もう少し、勝ちにいく気持ちが必要。だらだらしないように意識してつとめているんだ」

ジャンセンもしっかり4アンダー。こういう一線級の選手はやはり粘ってくる。「決勝ラウンドは天気がよくなるそうだね。優勝は12~13アンダーの戦いになると思う。ぜひ米国以外での最初の1勝をあげたい」

後退のジャンボは「パットがいまいち入らないと思ったらあでにに3パット。こういう展開は疲れるよ。とりあえずは明日からだ」


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?