GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子NST新潟オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

NST新潟オープンゴルフ選手権
期間:07/30~08/02  場所: フォレストGC東コース(新潟)

今度は芹沢大介。12アンダー単独トップ

1998/08/01 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 芹沢大介 -12 204
2 河村雅之 -11 205
3 室田淳 -9 207
3 芹澤信雄 -9 207
5 杉原敏一 -8 208
5 片山晋呉 -8 208
5 上出裕也 -8 208
5 Ri.ギブソン -8 208
9 佐藤信人 -7 209
9 川岸良兼 -7 209

スコア詳細を見る

そろそ暑くなりかかってきたが、それでも本来の新潟オープンからするとまだまだ。気温は30度を越えたものの、風が吹いて比較的しのぎやすかった3日目。前日の首位・芹沢信雄にかわって若い芹沢大介がスコアを沈めた。1ボギー、7バーディの66。室田淳も64と大爆発。ベテラン芹沢信雄もまだ3位タイと踏みとどまっている。

芹沢大介は16番まではボギーなしの6バーディ。4メートル程度がぽんぽん入った。17番ショートで初ボギーとしたが続く18番で取り返して66。首位に上がった。「ギャラリーの声援に気持ちがノッてしまった。かみあわせが良くなって、堪えどころのパーパットもよく入ってくれた」
最終日、最終組でのプレーは初体験。「明日は優勝争いで自分がどんなプレーをするか楽しみです。いい経験になると思います」

河村雅之が16番でのイーグルを生かして67。「暑さで頭の位置がズレてしまっている。暑いのは好きなほうなんですが、今日はどうも・・」 アイアンが左右にブレっぱなしだったという。幸いドライバーがいい調子で、崩れそうな感じはまったくなかったとか。

室田淳が9バーディ、1ボギーの64と猛烈に追い込んできた。コースレコード更新記録。「7月の富山県オープン(後援競技)で優勝できたのが自信になった。64というのはツアーでの自己ベストタイです」
室田ほどの選手でも一度調子を崩すと自信を失いかけてしまうらしい。後援競技とはいえ優勝は優勝。勝つ味を思い出した室田が久しぶりに明るい顔をしている。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?