GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子アジアンツアーキリンオープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ミノザ逃げきり。アジアンツアー総合優勝も。

順位 選手名 通算 合計
1 F.ミノザ -5 279
2 B.ワッツ -4 280
2 田中秀道 -4 280
2 渡辺司 -4 280
5 高見和宏 -2 282
5 尾崎将司 -2 282
7 M.ゴギン -1 283
7 桑原将一 -1 283
7 宮本勝昌 -1 283
7 C.フランコ -1 283

スコア詳細を見る

冷たい雨の最終日。こらえる渡辺司、追い込む田中秀道、B.ワッツ。しかし最終18番で悠々のパーを決めてフランキー・ミノザがついに優勝を飾った。もちろんアジアンツアーの総合優勝も併せて決め、全英オープンの出場資格も得た。

ツアー上位の定番選手なのにミノザの優勝はなんと95年の大京オープン以来。勝てそうで勝てないパターンの続いた2年4カ月だった。「17番でホールインワンして六本木」などど言っていたミノザだが、それどころではない大きなチャンスと賞金をがっちり手に入れた。金額のケタは違うがやっぱり「今夜は六本木へ行く」のだとか。

ミノザは出だし1番でボギー。10番12番でもボギー。16番で210ヤードを3番アイアンで2メートルにつけ、待望のバーディ。「ショットの調子が悪かった。ティショットはどこに飛ぶかわからないし、勝てるとは思わなかった」

とにかく寒かった。フィリピン生まれのミノザには特に辛い天候だった。「ゴルフってのは不思議なゲームだね。今日みたいなひどいボールを打っていても、勝つことができる。だからゴルフが好きなんだよ」

渡辺司は出だしのダボが痛かった。「でもダボは仕方ないにしても、9番15番のロングがとれなかったのが敗因。他のホールに関しては自分なりに一生懸命プレーしてきた。こういうゴルフをしてるんじゃ、いつまでたっても勝てないよ。ロングでひとつもバーディがとれないんだもの」

田中秀道は追い込んでの4アンダー。「詰めの甘さはあったが、精一杯やれました。特に15番からはピンしか目に入らなくなりました。久しぶりにラリったゴルフです」 ラリったとは、集中モードに入ることだという。「こんなに集中したのは、始めて勝ったフィリップモリス以来です」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?