GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ジャストシステムKSBオープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

フランコ、完全独走17アンダーのV

順位 選手名 通算 合計
1 C.フランコ -17 267
2 F.ミノザ -13 271
3 B.ジョーブ -9 275
4 キム・ジョンドク -8 276
4 金子柱憲 -8 276
6 B.ワッツ -7 277
6 Ri.ギブソン -7 277
6 檜山敏行 -7 277
6 伊澤利光 -7 277
10 桑原克典 -6 278

スコア詳細を見る

カルロス・フランコが爽快にラウンド。最後の18番ではおまけのイーグルまでつけての完璧な勝利だった。なんと2位に4打差をつけて、危なげない勝利。

フランコは手出し1番2番を連続バーディと幸先のよいスタート。しかも最終18番ではチップインイーグルまでおまけにつけてしまった。使ったのは8番アイアン。 「18番はパーでいこうと思っていた。2位に3ストロークあったからね。たまたま結果がよかっただけだよ。スタートでボギーを打つとダメだけど、バーディバーディといけたのが勝因かな」
このオフの間はゴルフをいっさいしなかった。パラグアイでひたすら釣りをしていたんだという。釣りは「集中力をつけることができる」のだそうだ。

日本人選手でいちばん上位だったのは金子柱憲。68をマークして8位タイ。「ここは前半次第でチャンスが生まれるコースなんだけど。やっぱりコツコツとグッドショットを続けなければダメということだね。今日はそれが続かなかった」
しかし「8アンダーというスコアはまぁまぁ」だし「ベスト10に入っていれば、いいんじゃないの」とのことでした。なんせトップとの差がありすぎたから、こういうふうに思ってしまうのも仕方がないか。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?