GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

絶好調・川岸良兼。66マークでリード

順位 選手名 通算 合計
1 川岸良兼 -13 203
2 宮瀬博文 -11 205
3 丸山茂樹 -10 206
4 飯合肇 -9 207
4 L.ウェストウッド -9 207
6 F.ミノザ -8 208
6 D.クラーク -8 208
6 尾崎直道 -8 208
9 陳志忠 -7 209
9 手嶋多一 -7 209

スコア詳細を見る

2日目の首位・友利勝良はボギー連発で後退。今季調子を取り戻し、自信大復活の川岸良兼がまたも爆発した。出だしでいきなりの3ホール連続バーディ。66をマークして13アンダーまで伸ばした。2位には2打遅れて宮瀬博文丸山茂樹もやはり66でホールアウトし単独3位につけている。怖いウェストウッドは首位に4打差の4位グループ。

川岸良兼は7バーディ、1ボギー。3連続バーディでスタートし、最終ホールもバーディとして明日につなげた。「フィリップモリスで優勝した勢いもある。不安もあるけど、いい感じできてます」
このままで、こんなゴルフをしていていいのかな、と思ってしまう。それが不安なのだという。長い不振のブランクがそうさせるのだろうか。
しかしスライス、ドローの打ち分けがスムーズにできている。ホールによって臨機応変に球筋を選んでいる。「それに先週のアコムではクラブが軽く感じられていたけど、今週はちゃんと重さが感じられるし」

「明日、丸山と最終日最終組を回るのは光栄です。まだ負けられません。これからゴルフ界をリードしていかなくてはいけないと思ってます」
日大4年、丸山に朝日杯で負けた。しかし負けたのはそれだけで「あとは全部勝ってる」という自負もある。明日は自分らしく、終盤ビビって崩れて、しかし1打のリードで勝ちたいと言った。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?