GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

友利勝良、単独首位に立つ

順位 選手名 通算 合計
1 友利勝良 -9 135
2 尾崎直道 -8 136
2 宮瀬博文 -8 136
4 川岸良兼 -7 137
4 L.ウェストウッド -7 137
4 D.クラーク -7 137
7 飯合肇 -6 138
8 溝口英二 -5 139
8 杉本周作 -5 139
8 P.マックウィーニー -5 139

スコア詳細を見る

霧と雨の悪天候に見舞われた第2ラウンド、トップにきたのは友利勝良。コースコンディションが良くない中で6バーディ、ボギーなし。前日11位からの上昇だ。2つの貯金を加えた尾崎直道宮瀬博文が、2位に後退したもののその差は1打。しっかりついて来ている。細川がイーブン46位から急浮上をみせて12位タイまでの追い上げをみせている。

「ゴルフは悪くはない。ボールはしっかり打ってるんだけどね」というセルヒオ・ガルシアは出だしを連続ボギーとしトータル3バーディ、4ボギーの1オーバー。イーブンに戻して38位まで順位を下げた。また、英国のアンドリュー・コルタートは18ホールをすべてパーで38位タイとした。

「今日はすべて良かった。出だしから5番まで5連続の1パットです」と友利勝良。距離も出た。一緒に回ったジェットから「お前、飛んでるな」と言われたという。もちろん「ジェットさん、当たってないんじゃないですか」と切り返したが、だいたい同じあたりからセカンドを打つことができた。5番アイアンより長いアイアンは使わなかったそうだ。

雨なので最初は高い弾道のボールを打とうと心がけた。しかし慣れないことはやるものではない。3番ではOBギリギリまで曲がってしまった。急遽、本来の低いボールに戻した。
寂しい言葉も出た。もう欧州で勝とうとするのは止めた、という。「ドライバーの飛距離の差が大きい。来年、欧州ツアーに出るかどうか、まだ決めていません」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?