GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ジーン・サラゼン ジュンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ、18番池ポチャで独走止まる

1999/09/25 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 飯合肇 -9 207
1 尾崎将司 -9 207
3 桧垣繁正 -7 209
3 葉彰廷 -7 209
3 宮瀬博文 -7 209
6 尾崎健夫 -6 210
7 福沢義光 -5 211
8 小山内護 -4 212
8 川岸良兼 -4 212
10 小達敏昭 -3 213

スコア詳細を見る

おきまり、ジャンボ尾崎疾走のパターンだった。17番まで5バーディ、1ボギー。楽々逃げきって明日にそなえるはずだったが、18番で池に2発放り込むという思わぬトラブルが待ち構えていた。パー4での8叩き。一気に貯金を4つ減らし、結局は飯合肇と並ぶ9アンダーだ。

「11番で13アンダーになった後、13、14、15番とチャンスはあったんだ。しかしどっちに切れるかわからない微妙なラインに付いてしまった。13、14番なんかもう少し上に(ボールが)いけば完全なフックなのに・・・両方ともスライスに読んで外してしまった・・」とジャンボ。
そして18番のセカンド。間合いがとれなかったという5番アイアンはウォーターハザードへ。「ビッグミステイク!」というショットだったが、打ち直しのサンドウェッジも完全なダフり。「60ヤードと距離が近過ぎた。もっと後ろにドロップすればよかった・・。2打目の後遺症だ」
「試合を面白くしたんだ。これで面白くなっただろ?」と最後は開き直るしかない。

しかし面白い試合に乗ってこなければならない立場の飯合肇も、ちょっとスムーズに走れなかった。11番までは5バーディといい気分だったが13番からは1ホールおきに3ボギーと暗転した。結局は平凡な70。
「ここの18番はロペ倶楽部の18番よりも難しい。しかしジャンボでさえ、ああいうことをするんだからな。諦めちゃいけないね」


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?