GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子サントリーオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位交代。横尾要がトップに立った

順位 選手名 通算 合計
1 横尾要 -8 134
2 丸山茂樹 -5 137
2 溝口英二 -5 137
4 井田安則 -4 138
4 D.スメイル -4 138
4 谷昭範 -4 138
4 N.プライス -4 138
4 リン・コンキ -4 138
9 細川和彦 -3 139
9 谷口徹 -3 139

スコア詳細を見る

サントリーオープン2日目は、30度を越える暑さの中で行われた。首位に立ったのは66をマークした横尾要。前日3アンダー8位からのスタートだった。横尾を追いかけるのは日本のツアーでは久しぶりに上位に顔を出した丸山茂樹、それに溝口英二

アウトからスタートした横尾要は出だしをいきなりバーディと好調な滑り出しを見せた。前半では8番、9番の連続バーディを仕とめ、トータル5バーディ、ノーボギーで2位に3打差をつけ単独首位に躍り出た。プロアマ戦からは秘密兵器を使っているという。「BSドライバー(275cc)なんです。ヘッドの型はイマイチなんですが、フィーリングは最高」 以前使用してたものに比べて飛距離がアップし、攻めやすく曲がらなくなった。

トップに立ったのは「憶えている限りでは昨年のアコム以来です」 初日からノーボギーできている。これでトータル44ホールノーボギーだ。「自信につながってます。明日以降もとにかくボギーなしを目指したいです。でも、ここは面白いコース。攻めることも忘れません」

6バーディ、2ボギーとした丸山茂樹は「ティショットはいいけど、アイアンが全然ダメ。でも自分のゴルフをすればきっとトップにもすぐ追いつける」 明日以降はアイアン勝負となりそうだ。このコースはちょっとブレるだけでも不安になるというが「何があっても、それを楽しんでプレーします。」

前日首位の尾崎健夫は5オーバー、76を叩きイーブン17位に後退した。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?