GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子宇部興産オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今日も伸ばして崔京周、独走態勢

順位 選手名 通算 合計
1 チェ・キョンジュ -16 200
2 細川和彦 -12 204
3 東聡 -10 206
4 キム・ジョンドク -9 207
5 原田三夫 -8 208
5 小川拓哉 -8 208
7 B.ジョーブ -7 209
7 原口秀樹 -7 209
7 片山晋呉 -7 209
10 A.ギリガン -6 210

スコア詳細を見る

3日目も韓国の崔京周(チェキョンジュ)がスコアを伸ばしに伸ばし、ボギーなしの1イーグル、4バーディ。2位に4打差をつけて独走態勢に移った。細川和彦も7バーディを放り込んだがボギーが2つ。明日最終日の崔京周の出来次第とはいえ、ちょっと苦しい展開になっている。はるか大外からはディフェンディングチャンピオンのB.ジョーブが64をマークして追い上げている。アウトではなんと29。

結果的には66と上乗のスコアの崔京周だが、内容的にはもっと伸ばしてもおかしくはなかった。「13番から16番までバーディチャンス。しかし午後からグリーンの芝が伸びていて、打ち切れなかった・・」

とはいえ本人も言うように、この2日間は「アプローチ、チップ、パターとすべてがパーフェクト」、テンポもリズムもうまくかみ合っている。「気持ちよくラウンドできている。レイアウトは同じようでも韓国のコースとは違う。フェアウェイの芝は短いし、気持ちよく打つことができるから」

韓国の11月から2月までは雪でコースがクローズになる。ようやくオープンしても芝は長く、ボールはフライヤーになりやすいのだとか。そうしたコンディションに較べれば確かに日本のコースは「気分がいい」。

日本勢の旗手になってしまったのが細川和彦。6番(377Y)では1オンに成功するなどいいゴルフをしたが、まだ4つも差が残っている。「6番はフォローだったからね。たまたま乗っただけ。グリーン手前にバンカーがあるんで、キャリーで280ヤード必要なんです。それより、最終ホールのボギーがすごく痛い」

昨日もボギーとしてしまったこの18番、SWをダフってまたもボギー。確かに悔いが残る。それにもう丸一年、細川は優勝がない。「何回もチャンスがありながら気合が入り過ぎて空回りしていた」と言う。今年になって、それがわかるようになった。「このところずーっと最終組の前あたりで回ってるせいか疲労がたまってる。右の肩甲骨のあたりが痛くなってきている。上位でプレーしてるだけではなんにもならないからね。今週勝てば全英オープンのチャンスも出てくる。勝ちたい・・」


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?