GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

桧垣繁正、ついにツアー勝利

順位 選手名 通算 合計
1 桧垣繁正 -11 273
2 S.コンラン -9 275
3 B.ジョーブ -8 276
4 尾崎将司 -7 277
4 尾崎健夫 -7 277
6 渡辺司 -6 278
7 R.バックウェル -5 279
8 細川和彦 -4 280
9 手嶋多一 -3 281
9 友利勝良 -3 281

スコア詳細を見る

ツキもあった。しかし貯金を生かした堅実なプレーで桧垣繁正が逃げきった。大物と言われてプロ入り5年目の28歳、ついに念願のツアー初優勝を手に入れた。

3打差をもってのスタートだったが、決して楽な勝利ではなかった。3番でボギー先行。アウトは1つ落とした。しかしインに入ってから10番11番とバーディ。ほぼ安全圏というムードになりかかった15番でボギー。そして名物ホールの16番、セカンドショットが大きく左に曲がった。

「バーディとれば勝てると思った。それで力がはいって、手が返って・・・。打った瞬間、またやっちゃった!と思った」

97年のヨネックス広島、優勝街道をつっ走りながら17番でOBを打って壊滅、尾崎直道に大逆転されたときの記憶がよみがえったはずだ。
しかしOBゾーンへ跳ねたボールは立木に当たって嘘のようにラフへ戻った。「本当にツキがあった。ラッキーだった」桧垣自身つくづく感じる。

「でもそんなにすごいプレッシャーはなかったんです。朝の練習でも調子はすごくよかったし。とにかく自分がアンダーで回れば勝てるんだ、と言い聞かせてプレーしました」 16番を切り抜けて、乗るか乗らないかが分かれ目の17番を1オンした段階で「勝てた」と思ったという。あとは追いかけてくる選手もいない状況だったから18番は安全に3オンのボギー作戦。

「学生時代からコーライは好きなイメージがあるんですが、パターには本当に助けられました。まだまだ技術的に改善しなければいけないことが多いです。それをマスターして、もう1勝するつもりで取り組みます」

一瞬は希望をいだいたオーストラリアのS.コンランだったが、結局単独2位。「去年は3位。今年は2位。来年は優勝かな。そうなったら幸せだね」

一時は激しく追い上げた尾崎健夫は15番のダボでガックリ。終わってみたら、いつのまにか浮上してきたジャンボと同順位。仲良く4位を分け合った。不本意なんだろうな、きっと。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?