GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

直道、トップをゆずらず

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎直道 -9 135
2 手嶋多一 -8 136
2 飯合肇 -8 136
2 鈴木亨 -8 136
5 小達敏昭 -6 138
5 中村通 -6 138
7 R.バックウェル -5 139
7 D.イシイ -5 139
7 佐藤信人 -5 139
10 藤田寛之 -4 140

スコア詳細を見る

つるやオープン2日目、依然尾崎直道がトップ。昨日ほどのバーディは取れなかったものの、ボギーを1つに抑えて34・36でトータル9アンダーとした。2位の飯合肇鈴木亨は動かなかったが、手島多一が3つ沈めて2位に割り込んできた。

前日2アンダー25位からスタートした小達敏昭、中村通が2打差5位に浮上。 かわりに横尾 要が1つプラスして10位まで順位を下げた。

今日は33パットの尾崎「内容的には安定したゴルフだった」「でもパッティングが全然ダメ!」という。第2ラウンドをこなした今日はまだ中盤。「明日になればまた気持ちも切り変わるかも」「おもしろくなってきたなという感じで残りをこなしたい」

手嶋はシーズンオフにクラブ、ボール、パターを変えた。ドライバーの飛距離はおかげで15ヤード伸びた。前3戦、飛ぶだけに乱暴なプレーになってしまっていた部分がある。「悪くなってくると、投げ出してしまうクセがあるので今回はそこを直していきたい」

「神様はなぜ、オレに試練を与えるのか?」とプレー中に考えたという鈴木は、出足10番ホールのティショットをディボットに入れた。ボギー。が、「難しい11番ホールでバーディが取れて落ち着きました」

「ボクより年上の飯合さんもいるから燃えますね」(鈴木)と振られた本人は「いいチャンスがあったのに、いくらやってもボギーにしてしまった」と今日の結果に不服。6バーディ、4ボギー。これで2日間で14バーディ。「明日からはゴルフを楽しむ」という。

右ヒジの故障を抱えていた中村通は、体のために軽いクラブに変えた。「目標はやっぱりシード。優勝よりもシード権を取りたい」「あと、2日間頑張る」


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?