GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

室田首位。日下部が追い上げ

順位 選手名 通算 合計
1 室田淳 -7 137
2 日下部光隆 -6 138
3 田中秀道 -5 139
3 片山晋呉 -5 139
3 今野康晴 -5 139
3 川岸良兼 -5 139
7 D.ウィルソン -4 140
7 中上達夫 -4 140
7 鈴木亨 -4 140
10 小山内護 -3 141

スコア詳細を見る

室田淳が2つのばして、首位をキープした。トップスタートした川岸良兼はパープレーで5アンダー3位タイ。他に68と伸ばしてきた田中秀道片山晋呉今野康晴の若手が3位グループに顔を揃えている。6アンダー2位には前日1アンダー24位の日下部光隆がバーディを重ねて急浮上してきた。

プロとして出場初の予選通過となった星野英正は、今日4オーバーとしながらも前日の貯金を活かしてトータルイーブンの26位タイ。ジャンボ尾崎はバーディに見放されて78。今季自己最低スコアを叩いてしまった。息子・智春は69とスムーズな滑りだしを見せた昨日とは打って変わり83、またも予選通過ならず。

風が強く苦しめられた選手が多かった中、室田淳は1人楽しくラウンドできたようだ。ドライバーが予想より飛びすぎて、11番ホールは第2打の計算が合わずにグリーン奥まで行ってしまった。「距離が出ると楽しいね。ドライバーが飛ぶと何だかウキウキゴルフができる。アマチュアの人の気持ちが良くわかったよ」

新しく手にしたクラブはテーラーメイドの300Ti。田中秀道、杉本周作も今週から使用しているという。582ヤード、パー5の4番ホールでのバーディは「2オンに成功。昨年までは考えられなかったけど、今週は狙っちゃったね」 パッティングの調子は今一つで、入れ頃をかなり外しているが気にも留めない。「笑いが止まらないよ。2打目の番手が3つは違うもん」 ちなみにトップ争いは滅多にしないから、優勝スコアは予想もつかないという。

67をマークして2位まで順位を上げてきた日下部光隆は、7バーディ、2ボギー。19パットでプレーした。「あと2日間、今日くらいパットが入れば誰がやっても優勝するだろうなあ」

2年3、4カ月スウィング改造に時間を費やしてきた日下部。昨年の米山剛、今年の佐藤信人を例に挙げて「長い間シードを取る選手はいいスウィングが身に付いている。正しいスウィングできるようになれば、彼らくらいやれるはず。昨日は75パーセントできた。コースに出ると昔の悪い癖が出てしまうので、練習場のようなスウィングを目標に頑張ります」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?