GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

溝口届かず。D.ウィルソン初勝利

順位 選手名 通算 合計
1 D.ウィルソン -17 271
2 溝口英二 -16 272
3 谷口徹 -15 273
4 平塚哲二 -14 274
5 葉彰廷 -13 275
6 湯原信光 -12 276
7 横尾要 -11 277
8 桧垣繁正 -9 279
9 真板潔 -8 280
9 D.チャンド -8 280

スコア詳細を見る

溝口英二も伸ばした。今日だけで3ストローク下げた。しかしスタート直後から快調に飛ばしたディーン・ウィルソンが後半もしっかり入れて7バーディ、1ボギーのトータル66。もちろん初優勝。D.イシイに憧れてプロの道を選んだハワイ生まれの30歳が日本8試合目にして勝利をつかんだ。

「素晴らしい。これで5週間連続で試合だったから、自宅に帰って休むのが楽しみです」とウィルソン。豪州ツアーで2年、カナディアンにも同時参加して3年。アジアンツアーにも4年加わっている。いわゆるラビットプロの一員だが、これまで4回キリンオープンには参加して日本が好きになった。D.イシイやD.マイヤーから聞いた日本のイメージも良かった。これで今年は余裕をもって戦える。いっそう日本が好きになりそうだ。もちろん、将来は米ツアーへの出場を夢見ている。
お母さんは日系二世。祖母が福岡からハワイにわたった。したがってウィルソンの正式名はディーン・ヒロシ・ウィルソン。日本語も学校で勉強したが「ノー・グッド」だったそうだ。

破れた溝口英二。18番バーディは良かったが、その前の17番ボギーが辛かった。「結果的にもったいなかった。こういうジトジトした天気がダメ。腰がとにかく痛かった。3日間天気がよくて何ともなかったのに、今日に限って痛みがでてしまった・・・。思ったところにボールが行かない。悔しいけど、いちばん悔しいのはこの天気かな・・」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?