GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

溝口 首位堅持。湯原が上がって来たぞ

2000/07/15 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 溝口英二 -13 203
2 湯原信光 -11 205
2 D.ウィルソン -11 205
4 平塚哲二 -10 206
5 谷口徹 -8 208
5 葉彰廷 -8 208
7 桧垣繁正 -6 210
7 横尾要 -6 210
7 D.チャンド -6 210
10 原口鉄也 -5 211

スコア詳細を見る

溝口英二は平凡な70でしっかり首位をキープ。首位を走る選手がまずまずの平凡好スコアを出していれば、周囲はなかなか追いつけないものだ。 D.ウィルソンも69とまずまずだが、これも非凡とはいえない。相変わらずの2位堅持。そんな「まずまず」の雰囲気の中でグイっと浮上して来たのが湯原信光。復活はどうやら本物らしい。

溝口英二は4バーディ、2ボギー。「いいと思う。スコアは落としていないし。でも昨日は入った2~3メートルのパットがぜんぜん入らない。打った瞬間、アレ?という感じです」

湯原信光は出だしがなんとイーグル。5番6番、13番14番15番とバーディが続いた。「比較的いい感じで無理しないでやっている。スコアがついてくるんで楽しいよね」
しかしベテランだ。浮かれはしない。「ちょっとスコアが良くなったからといって、ゴルフの調子そのものは急には良くならない。もちろん自信にはなるけどね。あわてず、焦らず、じっくり取り組んでいきたい」
だんだんゴルフをすることが楽しくなったきたという。「その上、優勝を狙える位置というオマケも付いてきている。それもまた楽しみだね」

D.ウィルソンはボギーとバーディが交互にくるような荒いゴルフだった。しかし上がり15番からは3バーディ。雰囲気はいい。「当然だけど目標は勝つこと。自信はあります!」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?